タブレット充電収納保管庫(セーフティチャージャー)

タブレット充電収納保管庫(セーフティチャージャー)

タブレットやノートパソコンの充電残量のバラつきを解消!

近年、教育現場における授業のICT化に伴い、タブレットやノートパソコンを導入した授業を行う学校も多くなってきました。授業でデジタル端末を使用する上で、先生方が一番頭を抱えるのが、デジタル端末の充電残容量にバラつきが生じ、充電切れで授業に参加できない児童・生徒が出てきてしまうことです。このような悩みを解消すべく開発された本商品は、全ての端末を同程度の充電状態に揃えられ、全員が充電切れの心配なく授業に参加できるようになることをお約束致します。

組立設置サービス

「充電残容量ゼロ」。そんな先生のお悩みを解消するスイッチバック充電方式

スイッチバック充電方式

スイッチバック充電とは…

全ての接続端末の充電残容量を検知し、残容量の少ない端末から許容電力の範囲内で複数の端末へ急速な充電を行います。充電容量80%で一度中断し、他未充電端末への急速充電を開始します。全端末が80%の充電を完了後、全端末に緩速充電を開始して100%の充電状態にします。

スイッチバック充電で解消できることは?

1.バランスの良い充電で授業ストップを回避

充電残容量を検知し、全ての端末を同程度の充電状態に揃えるので、全員が充電切れの心配なく授業に参加できます。

2.バッテリーにやさしい

100%充電が完了すると、自動的に充電が終了するので、過充電の心配がありません。また、モード選択により長期休暇中の過放電を防ぐことができ、バッテリーへのダメージを軽減します。

3.ブレーカー落ちなどのトラブルを回避

設定した電力の範囲内で効率的に充電を行うようコントロールするので、ブレーカーが落ちる心配はありません。

4.バッテリーの異常検出

タブレットの充電状況を監視するので、充電不良など端末のバッテリー異常を検出できます。

3つの充電モードと充電状態表示用LED

3つの充電モードと充電状態表示用LED

1.充電状態表示用LED

接続された端末の充電状態をLEDの点灯・点滅で告知。扉が閉まった状態でも窓から充電状態を確認できます。
赤 : バッテリー異常 → 緑 : 充電完了

充電モード

2.ロングモード(夜間充電向け)
時間設定により決まった時間からスイッチバック充電を実行。

3.ショートモード(昼休みなどの短時間向け)
短時間充電で効率の良い充電を実行。

4.リピートモード(長期休暇対応)
長期休暇期間の自然放電によるバッテリー切れを抑制。

タブレット充電収納保管庫(セーフティチャージャー)の特長

端末収納部 コード整理 千鳥配列コンセント
端末収納部 コード整理 千鳥配列コンセント
端末の傷付きを防止するため、収納部前面とフレーム部には保護材を使用。10.1型(B5サイズ程度)の端末であれば、縦置き・横置きどちらも可能です。 電源コードは、コードホールを通してセットできるので絡まることがなく、見た目にもきれいです。また充電アダプタを隠すパネルは、取外しが可能です。 庫内にあるコンセントは、全ての充電アダプタを正面から抜き差しできて便利です。アダプタの大きさも考慮し、コンセントは千鳥配列としています。
270度開閉扉 閉扉状態 排熱パネル
270度開閉扉 閉扉状態 排熱パネル
扉は270度開閉し、本体側面にマグネットで固定できます。生徒の指挟み事故を防止ます。 扉を閉めた状態でも充電している端末の状態が確認できるように扉には窓が付いています。 本体内部に熱がこもらないよう、側面にはパンチングパネルを使用しています。

タブレット充電収納保管庫(セーフティチャージャー)

SWB-22S

タブレット充電収納保管庫(セーフティチャージャー)

  • 商品番号 : 05-1054
  • カラー : ホワイト
  • サイズ : 幅630×奥行550×高さ1004mm
SWB-22Sの商品詳細へ
  • 送料有料
  • 完成品
  • カギ付き

320,000円
(税抜)

専用ハンドル(オプション)

918-81

タブレット充電収納保管庫SWB-22S用 ハンドル

  • 商品番号 : 05-1122
  • カラー : シルバー
  • サイズ : 幅300×奥行65×高さ75mm
918-81の商品詳細へ
  • 送料有料
  • お客様組立

7,500円
(税抜)